がんの複合治療について

 

がんの複合治療という言葉は、聞きなれない言葉だと思います。

これは、従来の癌の3大標準治療、つまり、外科療法、化学療法、放射線療法ということになりますが、これらの治療以外の癌治療の総称ということになります。

 

これまでの国内における癌の治療は、この3大療法以外には治療法がなく、これらの治療法を用いた方法がひととおり終了すると選択肢がなくなるというのが、実際の医療の現場で生じている問題でした。

癌の緩和ケア医療というのが、そのような癌患者様の受け皿となっております。癌の緩和ケア医療は、痛みなどの苦痛を除きながら、さらに治療を進めるのが本来の意味となりますが、実際には、従来の癌の3大標準治療のなかで、選択肢がなくなった時点で、消極的な治療として、緩和ケア医療に移行していくのが、現状となっています。

 

その現状を少しでも改善するため、JTKクリニックは癌の3大標準治療以外の代替医療に力を注いできました。この代替治療の中心となるのが、癌の免疫治療です。

 

参考とするのは、1990年頃より米国で導入され始めた癌治療の新たなスタイルです。

その新しいスタイルは、免疫細胞治療をベースとする形で、3大治療である外科療法、放射線療法、化学療法を適宜、施行していくことです。つまり、外科療法のあとに免疫治療を行うとか、免疫治療と化学療法を併用することも可能ということになります。

これにより、米国の癌患者様の治療成績の変化は、劇的に改善が得られたと報告されており、1990年代以降、癌で亡くなる患者さんの増加傾向に歯止めがかかっただけでなく、減少傾向に転じたことは、驚くべきことと言えると思います。

JTKクリニックの治療は、そのスタイルをさらに発展させ、常に最新の治療法を導入し、3大標準治療と合わせ、本当の意味での癌複合治療を目指しております。2018年時点では1種類のみだった免疫細胞治療でしたが、現在は10種類ほどの免疫治療を導入し、施行できるようになっております。

これらの治療は、すべて、自分の癌に作用する免疫システムを利用するものであり、癌細胞を正常ではない細胞と認識することで、破壊すると考えられるNK細胞等を利用する方法や癌の抗原を認識した細胞、つまり、細胞傷害性T細胞(CTL細胞)を活性化させる方法などを用いたものとなっております。

 

これらに加え、オプジーボ(抗PD-1抗体)やヤーボイ(抗CTLA-4抗体)といった免疫チェックポイント阻害薬や癌の増殖スピードを抑制するための遺伝子治療についても施行できるようになっています。

 

さらに関連医療機関において、頭部の癌転移に対して施行してきたガンマナイフ治療に加え、体幹部の癌転移病変に対して、線状のX線を病巣部に集中して照射するサイバーナイフ療法を施行できる体制をとっていることから、外科療法、化学療法以外の癌の最先端治療をすべて、網羅した癌治療をJTKクリニックでは施行することができます。

 

これにより、これまでは癌の3大療法(外科療法、化学療法、放射線療法)の枠にとらわれることがなくなりました。まさにJTKクリニックの理念である「最後まで諦めない癌治療」が実現したと言えますし、言葉を変えれば、癌を克服するために「闘い続ける緩和ケア医療」が実現したものと考えます。

 

これからもJTKクリニックは、科学の進歩とともに常に新しい治療を提案し、癌という病が、克服可能な疾患、または、共存が可能となるまで、診療、及び、治療の内容をアップデートしていきたいと考えています。

 

                     医療法人社団 知慎会 JTKクリニック院長 小笠原 均

 

 

〒102-0083

東京都千代田区麹町4-1-5麴町志村ビル2階

電話 03-6261-6386

Mail:info@jtkclinic.com

COPYRIGHT 2020 @ JTK clinic All Right reserved.